保険の無料相談

保険見直しで不足している保障を早目に確保します

生命保険に関して保険見直しをするのであれば、必要な保障が得られているかどうかを確認するところから始まります。 フィナンシャルプランナーや銀行の保険相談窓口や総合保険代理店でも相談できますが、マネー雑誌などの記事を参考にして自分で保険見直しをすることも可能です。 生命保険には死亡保障、入院や手術などの医療保障、病気で収入が減少した場合の所得の保障、介護の保障、三大疾病の保障、老後の年金生活への備えなど様々な目的があります。保険見直しをするのであれば、それらの保障を現在の契約でカバーできていることを確認します。そして、保障が全くなかったり、保障が不足していたりする場合には、保障の追加を保険料との兼ね合いで検討します。

複数の保険に加入している場合には過剰な保障になっている場合もあります

保険見直しのもう一つのポイントは無駄な保障の有無の確認です。勤務先のグループ保険などを含めて数多くの保険に加入している場合には、保障が二重にあるために過剰な保障になっているケースも珍しくありません。 特約での保障は見逃されている場合が多く、必要以上の保障がある場合には、不要な保障を解約することによって、保険料を節約できます。その節約できた保険料を他の不足している保障に充当できれば保険見直しとしては理想的です。 必要な保障金額はマネー雑誌やネットの記事でも確認できますが、その記事に従う必要はありません。保障に必要な金額は個人の価値観の問題が大きいからです。入院の際に1日1万円が最適か、それとも2万円が最適かというようなことは価値観の問題です。

Menu