さまざまな保険

保険の種類と必要性とは

医療の充実や欧米化の食事による三大疾病の増加等によって、病院に通ったり薬を飲まなければならないような慢性化の病気にかかる方は増加傾向のようで、病気になった場合の治療費の必要性やもし亡くなった場合の残した家族の生活費用への不安、大学進学率が高くなってきたため、子供への養育費への不安など保険に加入される過程は様々なものです。一般的に医療保障と死亡保障の保険に加入されている方が多いようで、ガンなどの疾病では多額の費用が必要となり、退院後も定的な検査が必要となり投薬の必要性などと医療費がたくさん必要といわれています。入院している間の治療費はもちろん、生活費としての会社での給料の減額などを補うためにも入院保障は必要となり、その後の死亡保障も同じように残った家族が生活するための費用として必要となります。

保険の見直し時期とは

医療保障も死亡保障もずっと同じでよいかと言えばそうではないのが現状です。医療保障の場合、終身というものが今は多く、保険に加入した金額でずっと保証をしてくれるものが主流なのであまり保険見直しをされる方は少ないとされています。しかしながら死亡保障の場合は保険見直しが必要となってきます。子供が幼少の場合ではこれから先の子供の養育費が必要となるので死亡保障は高めの設定が多く、子供が大きくなるにつれて金額を下げるのが主流となっております。また持ち家と賃貸とでの保証も必要で、賃貸の方がこれから先も居住費がかかるという点でもしもの時の場合での保証が必要となってきます。子供の成長や自分のその時々によるライフスタイルによって保険見直しをすることが大切であり、保険見直しをする事によって保険内容の確認や価格の確認をし無駄のないものを選ぶ点が必要です。

Menu